本文へスキップ
トップページ < 各シリーズの紹介 < Xtabletシリーズとは  
ThinkPad Xtabletシリーズとは、、

外部的な性能の紹介

耐水性キーボード

バスタブ構造と排水穴でキーボードにコーヒーなどがこぼれても排水し、内部に液体を残しません。

トラックポイント

キーボード上でマウス操作が可能で、操作がさらに快適になります。

フルサイズ・キーボード

19mmサイズのキーピッチで手に最も使いやすいサイズで、とても使用感は抜群にいいです。

指紋認証

あらかじめ登録すれば様々なパスワード入力を
指先一つで解除できます。

ウルトラベース拡張機能

はめ込み型の拡張機器ですが、周辺機器ベイバッテリーや光学ドライブを搭載できるので、購入時同時購入がオススメです。

デジタイザー・ペン

ペンが内蔵され、パソコン本体に収納設計なので、無くす心配がありません。

内部的な性能の紹介

corei7−UM

超低電圧版ですが、2コア同時に2,5GHzまで引き上げ可能で消費電力と比べかなり高パフォーマンスです。

DDR3メモリ―搭載

最新メモリ規格で、CPUに大きく貢献し、さらに
マルチタスクも快適に行います。

非光沢液晶

非光沢で周りの光が気にならず、干渉しないのでより長時間の使用を可能にしています。

SSD

高速データ転送でHDDより圧倒的に高速ですさらにHDDより発熱を低下し、駆動時間に貢献します

HDD

独自保護設計で衝撃に強く、自動で磁気ヘッドを非難させ、大事なデータを守ります。

Home Premium 32 正規版

professional 32も選択可能です。さらにどちらも
64ビットが選択可能で、より快適な環境が体感できます。

ワタシ管理人の見解、、

X201sがそのままタッチパネルになったモデルです。デジタイザーペン搭載でペンでも指でも直感的な操作が可能です。
さらにヒンジ部分が回転する仕組みなのでLCDを表にして、別売りのカバンに入れることで、まるでメモ帳の様に素早く操作が出来るため、普段のパソコン環境と全く違う使用感になります。

問題は値段ですが、高設定です。
このtablet機能が本当に必要な人はオススメですが、そんなに使わないというのなら断然他のシリーズの方がコストパフォーマンス
断然高いので、よく考えての購入がいいかもしれません。

私の知り合いで使用している人は、店頭で接客用のタッチパネル面を使用していていますが、明確な使用用途があった方がいいかもしれません。

 

ThinkPadXシリーズ 

 

キャンペーン価格 99.960円~

ThinkPadxシリーズの情報ThinkPadxシリーズの情報

品名ThinkPad X201tablet 
            12.1型

現時点でこのサイズと裏腹にかなりの高性能搭載可能機種です。使用用途がバッテリー駆動が多いならバッテリーは9セルを推奨します。

corei7−UM

超低電圧版ですが、2コア同時に2,5GHzまで引き上げ可能で消費電力と比べかなり高パフォーマンスです。

デジタイザー・ペン

ペンが内蔵され、パソコン本体に収納設計なので、無くす心配がありません。



ThinkPadEdgeシリーズこの機種のクーポンはコチラ


クーポンの使い方