Thinkpad野郎による初心者向け史上最強ノートパソコンThinkpad紹介サイトです。
サイトTOP

当サイト人気トップ 
1位 ThinkPad x201S
2位 ThinKPad L412
3位 ThinkPad T410s

ThinkPadの選び方ーThinkPad SLシリーズの紹介
ThinkPadの選び方ーThinkPad Edgeシリーズの紹介
ThinkPadの選び方ーThinkPad Lシリーズの紹介
ThinkPadの選び方ーThinkPad Tシリーズの紹介
ThinkPadの選び方ーThinkPad Xシリーズの紹介
ThinkPadの選び方ーThinkPad Ttabletシリーズの紹介
ThinkPadの選び方ーThinkPad Wシリーズの紹介

サイズ一覧表
ThinkPadの選び方~12型までのThinkPadを紹介
ThinkPadの選び方13型~14型までのThinkPadを紹介
ThinkPadの選び方15型~116型型までのThinkPadを紹介
ThinkPadの選び方17型~までのThinkPadを紹介

価格一覧表
ThinkPadの選び方5万円以下のThinkPad一覧
ThinkPadの選び方5万円以上10万円以下のThinkPad一覧
ThinkPadの選び方10万円以上15万円以下のThinkPad一覧
ThinkPadの選び方15万円以上20万円以下のThinkPad一覧
ThinkPadの選び方20万円以上のThinkPad一覧

ThinkPadのアレヤこれ
オススメのページです!
ThinkPad解体新書のコラムナビカタログにないThinkPadの魅力
ThinkPad解体新書のコラムナビシリーズ毎の特徴は?
ThinkPad解体新書のコラムナビ ThinkPadのココがすごい!!
ThinkPad解体新書のコラムナビLenovoについて

パソコンを選ぶ為の知識
ThinkPad解体新書のコラムナビノートパソコンの選び方
ThinkPad解体新書のコラムナビ購入までの流れは?
ThinkPad解体新書のコラムナビ こういう理由の購入はNG
ThinkPad解体新書のコラムナビパーツの選び方
ThinkPad解体新書のコラムナビThinkPadの保証やサポートは?

その他
ThinkPad解体新書のコラムナビ運営者情報
ThinkPad解体新書のコラムナビサイト概要
ThinkPad解体新書のコラムナビサイトマップ

リンク集
ThinkPad解体新書のコラムナビPC関係のオススメリンク
ThinkPad解体新書のコラムナビジャンル別オススメリンク
ThinkPad解体新書のコラムナビ相互リンク募集中です!



下記リンクにてクーポンコードをコピーし、購入時にペーストすることで通常よりもさらに10%以上割引きで購入が可能です。是非ご活用下さい。
これは本当にお買い得なのでクーポンは必ず使用して下さい!!
なぜここまでいうかというと私自身がつい最近クーポンを使い忘れた大馬鹿野郎だからです(爆)

※クーポンは搭載の商品リンクの下に必ず配置しているのでココでコピーしなくても大丈夫です。


   当サイト経由で購入された人気ベスト3を紹介します!
※売れ行きは常に変動しますので突然変わることがあります。
  1位   ThinkPad X201S     12.1型

キャンペーン価格
      149.940円




当サイト一番の人気の機種のThinkPadX201sです。
超低電圧corei7-UMを搭載していますが、
同時に2コア同時にクロックを2.5GHzまで上げることが可能で、
通常電圧版corei5並みのパフォーマンスは感じました。

さらに7列フルサイズキーボード配置、指紋認証、SSD搭載で、
使い勝手、セキュリティー、堅牢性、どれもThinkPadの中でもトップクラスのグレードを持っています。

さらに隠れ性能で電波受信がMIMO 2×2 送信×2/受信×2といって
アンテナが2つ搭載され、さらに1つ1つが同時に送受信を行えるといったカタログに記載されていない性能ですが、快適なネット環境を過ごすことができます。

さらに画像左のようにウルトラベースをガチャっとはめ込むだけで、
光学ドライブなどの拡張ができるので、同時に注文を推奨します。
理由は、Lenovoは無限キャンペーン(笑)なので、注文時ならほとんどの場合で、無料だからです。無料でない場合は、一週間程度待ちましょう必ず無料の時があります。(ちなにに単独の場合は18.354円もかかります)

まだまだ書きたいことが山ほどあるのですが、他ページにします(笑)
ThinkPadの本来の力が一番発揮できるモデルだと思います。





  2位   ThinkPad L412      14型 
2位は私、ThinkPad野郎が今現在使っているモデルです。
これは14型で、少し重いですが、据え置き、モバイル両兼用が可能です。

そしてさらに価格の割に性能がかなりいいです!!
今回はこれが決め手だったのですが、満足度はかなり高いです。

14型といったサイズも、初めてだったのですが、使ってみると
ストレスなく使用ができ起動性も高いので、かなりアリだなと感じました。

価格は安くてもバスタブ構造で、排水穴内蔵で堅牢性は高く、
キーボードこそ6列ですが、フルサイズで前のXシリーズと引き継ぎ使用が問題なくできましたので深く考えることはないと思います。

Lシリーズはまだ出て間もないですが、ThinkPadが安くなってきている今10万円以下のクラスの主力になるのではと予想しています。

メインパソコンとしても十分な性能なので、かなりオススメです。
持ち運びも据え置きもできコストパフォーマンスも高いので、
ビジネスマンはもちろん、プライベート用でも、学生の勉強用ノートとしても十分な役割と思います。


キャンペーン価格
      57.960円






  3位  ThinkPad T410s/si    14型 



キャンペーン価格
      139.860円



Lシリーズの上位にあたるシリーズで、内部的な性能の違いは
グラフィックチップの搭載です。

これによってCPUに負担をかけずに素早く綺麗なグラフィックを描写できます。

さらに14型で高性能ですが、重量が1.79kgと1キロ台となっていて軽いし、高性能だし、というほどです。

グラフィック性能にありがちなバッテリー駆動時間の問題ですが、
4つの工夫により(他ページで紹介)徹底的な省電力を実現しています。

カスタマイズでSSD搭載可能、タッチパネルに変更可能で、より高速、直観的な操作が可能です。

ThinkPadを初めて使う人や、パソコン自体を初めて使う人でも
割ととっつきやすいマルチな性能なので、オススメです。

使っているユーザー層はグラフィック系の職人が多のが特徴です。

  当サイトのこれだけは知っておいてほしいと強く思うページを紹介
私、ThinkPad野郎自身ThinkPadを使ってはや6年経ちます・・・断言できるのは今後もThinkPadを使うということなのですが、ThinkPad購入にあたってこれだけは本当に不満があります。
この不満をぶっちゃけたいと思います

ThinkPad解体新書のコラムナビ一体キャンペーンはいつ始まっていつ終わるのか??いつが一番安く買えるのか??





ノートパソコンは世界中で使われていますが、どんな初心者でも1年も使用していれば一度はThinkPad(シンクパッド)といった言葉を聞くと思います。

実はThinkPadの知名度はパソコンの中級者以上の人はほとんどの人が知っていると思いますし、
現にGoogleでも一カ月にThinkPadというキーワードだけで、優に日本だけで45万件の検索回数があるほどです。

そこまでの知名度が高いThinkPadですが、その注目される秘密は何か
気になったのでThinkpad野郎は徹底的に調べてやろうと思い、
調べてみたら意外なコトが分かりました。

ココから下記にわたって4つのポイントを紹介していきたいと思います。



   ポイント1    内部に関する信頼性
ThinkPadは内部的なセキュリティ機能が独自のソフト「ThinkVantage」といったソフトがインストールされているのですが、これは簡単な操作一つでシステムの健康状態の管理からデータ管理、リカバリディスクの作成、セキュリティー設定やサポートセンターへ直通操作が可能で普段のパソコンの健康状態やシステム、保証期間の管理をこのソフト一つで管理可能です。

指紋認証もこのソフトで購入時設定するのですが、これが快適でどうしてもおろそかになりがちで、メンドウなパスワード入力も1秒もかからず入力可能です。

一度使うともうこの楽さは手放せません(笑)正直パスワード入力がメンドくさいこともあり、ロックをかけず移動することが多かったのですが、正直個人的なデータがたくさん入っている場合こういったものを職場にあまりおいて置きたくないし、サボってインターネットをしていたらバレます(笑)

そういった意味でThinkPad野郎は快適な職場を手にしました(爆)・・・
ちなみに威張って言えることではないのであくまで選択肢としてとらえて頂ければと思います。

他にもHDDの定期的な診断や、
内部HDDの暗号化、ロックなどデータ流出もありません。

使い勝手も良く、一度使うとThinkPadをこよなく愛してしまいます(笑)

リピーター率が高いのもこういった理由があります。

※余談ですが、マイクロソフトのソフト開発にもThinkPadは使用されています。信用度としていかに高いかといった証拠と思います。


   ポイント2    外部に関する信頼性
ThinkPadを購入する人の約半分は理由が頑丈だから!といった理由です。これは文では伝えずらいことなのですが、称号でいう米国軍規格をクリアーしています。
これには神奈川県の大和事業所でThinkPadは日々拷問テストと通称されているものを受けているからです。






その他、4種類もの品質テストが行われています。ここまで頑丈さを追求したテストはThinkPad以外ありません。
こういったカタログに載っていない品質が強く支持されています。

   ポイント3    抜群の使い勝手!
ThinkPadの一番印象に残りやすいのがこのトラックポイントです。
これを指で操作するのですが、感覚的な操作が可能です。

これは最初のうちはかなり使いづらく、マウスに頼りがちですが、
慣れると普段の操作の倍近く早くなります。

これはThinkPad野郎の実体験なので、自信を持って言えるのですが、
普段の普段より何倍も作業性が上がるので是非有効に使われるコトを
オススメします。


さらに快適なのがこの19mmの
フルキーボードです。

これはIBM時代販売していたタイプ機をもとにとにかくキーの打ちやすさこそが
パソコンの使いやすさの根幹であるといったコンセプトで作られていて本当に使い勝手がいいです。

さらにThinkPadは全ての機種にこのフルキーボードを採用し、

たとえ17型だろうが、12型だろうが、
全く同じ使い方が可能です。

これは本当に便利なところで、また次にThinkPadを買っても前と同じ感覚で作業できますし、
サイズをスタンダードから、次はモバイルノートに変えようと思っても全く同じ操作感なので、使い勝手はすでに
約束されているという訳です。

そしてこのキーの跳ね返りがまた押していて気持ちがいいくらいの反発です。
癖になるような押し心地で、これは最高の満足感が得られると思います。

他メーカーはデザインや配置によってキー配置やキーピッチを変更しますが、このThinkPadは絶対に変えません。頑なにこのスタイルを貫いています。

つまりThinkPadを使い続ける限りこの使い心地は維持できるんです。
ThinkPadを使い続ける人が多いのはこういったThinkPadの受け継がれている安心感だからこそ実現しています

(注意Thinkpad100eとThinkpadEdgeシリーズはアイソレーションキー採用で)

   ポイント4    このレトロ感あふれるデザイン
Thinkpad野郎の父親はさらにThinkpad野郎で1,992年からずっと使い続けているとんでもないマニアです。

このパソコンを見てThinkpad野郎は正直最初はなんとも思わなかったのですが、2005年くらいから、
少しデザイン性の高いノートパソコンが普及し始め、思ったのが、なんか古臭くでダサい...といったイメージを持ちました。

誰でも初心者の人は正直Thinkpadのデザインをあまり好印象をもちません。
ですが、パソコンの知識を入れれば入れるほど、Thinkpadに憧れを持ってきます。

そこで初めてThinkpadがカッコよく見えて、さらにThinkpadを使っている人をかなりのやり手に見えてきます(笑)
こういった信者の人がほとんどと思います。


もうこのデザインを見ただけで信用できるなといった安心感があります。こんな機種は他にありません。
Thinkpad好きには本当にたまりません(笑)


  宇宙に行ったのはThinkPadだけです。

IBM時代から現Lenovoまで
宇宙にいったノートパソコンは
ThinkPadのみです。

世界中のメーカーが競いましたが、
厳しいテストを超え、これによってLenovoに、宇宙での使用に対しての期待基準を超えるだけの
技術力を証明し、
採用されたのはThinkPadのみです。

今後宇宙ステーションや
米航空宇宙局(NASA)で100台以上のThinkPadが宇宙で使用される予定です。




ThinkPadは、空気圧縮機の次に宇宙で必要な機器といわれていて高い評価をされています。
ちなみに宇宙飛行士は宇宙でコンピューターを使うのはノートパソコンを使っています。
つまり宇宙で、最も信頼のおけるテクノロジーということになります。

余談ですが、ThinkPad開発担当者の方が、宇宙で故障した場合、メーカーサポートで是非宇宙へ修理に行きたいと言われていました(笑)


  ThikPadの評判・レビューを紹介
ThinkPadは知名度こそ高いですが、意外とパソコンをそこまで使わない一般ユーザー以外の人はまだまだ浸透していません。

当サイトもThinkPad野郎が可能な限り伝えているつもりですが、
ネット上で公開されている掲示板などではどのように評価を受けているかという評判や評価、レビューの感想を
集めてみました。気になる人はご覧ください。


ThinkPad解体新書のコラムナビThinkPadの評判・レビュー・評価を紹介





 ThinkPad一覧
11型~12型 上位機種 14型~15.6型 中位機種 11型~15.6型 下位~中位機種
 Xシリーズ

 X201
 X201s
 X100e
Lシリーズ

 L412
 L512
Edgeシリーズ

 Edge11
 Edge13
 Edge14
 Edge15

14型~15.6型 下位機種 14型~15.6型 上位機種 15.6型~17型 最上位機種
SLシリーズ

 SL410
 SL510

Tシリーズ

 T410
 T410s
 T510

Wシリーズ

 W701
 W510


12型上位特殊機種 ThinkPadの周辺機器



Xtablet
シリーズ



周辺機器一覧




 ThinkPadの選び方の矢印ページ上部へ戻る

相互リンク募集中です
Copyright c since 2010/07/04 [ TinkPadの選び方 ] All rights reserved