本文へスキップ
トップページ < 各シリーズの紹介 < Lシリーズとは 
ThinkPad Lシリーズとは、、
コチラの記事はすでに古くなっている記事です。
最新版はコチラをご覧ください。


現在私管理人が実際に使っているシリーズです。

このシリーズはとにかく10万円以内のThinkPadの主力となっているシリーズです。

Lシリーズをそのまま小型化したのがXシリーズ、
内部的な性能の向上がTシリーズと認識したので相違はないと思います。

サイズが14型~15型クラス、グラフィックなどの重い作業を除けば7万円程度でかなりの高性能にカスタマイズ可能です。


外部的な性能の紹介

耐水性キーボード

バスタブ構造と排水穴でキーボードにコーヒーなどがこぼれても排水し、内部に液体を残しません。

トラックポイント

キーボード上でマウス操作が可能で、操作がさらに快適になります。

フルサイズ・キーボード

19mmサイズのキーピッチで手に最も使いやすいサイズで、とても使用感は抜群にいいです。

指紋認証

あらかじめ登録すれば様々なパスワード入力を
指先一つで解除できます。

内部的な性能の紹介

corei3−M

通常電圧版で2コア4スレッドで快適な処理性能を体感できます。

corei5−M

2コア、4スレッドターボブースト搭載でストレスを感じさせずほとんどの作業が快適に行えます。

非光沢液晶

非光沢で周りの光が気にならず、干渉しないのでより長時間の使用を可能にしています。

DDR3メモリ―搭載

最新メモリ規格で、CPUに大きく貢献し、さらに
マルチタスクも快適に行います。

HDD

独自保護設計で衝撃に強く、自動で磁気ヘッドを非難させ、大事なデータを守ります。

Home Premium 32 正規版

professional 32も選択可能です。さらにどちらも
64ビットが選択可能で、より快適な環境が体感できます。

ワタシ管理人の見解、、

Lシリーズは私自身が現在メインノートとして使用しています。このシリーズはとにかく安い割に性能が高いといった特徴を持っています。ThinkPadでいうとちょうど中間の位置づけで、10万円前後の一番アツイ層のメインとして存在しています。

このシリーズは14型のL412と15,6型のL512がありますが、トータル的に言えば14型のL412が私のオススメで、
メインパソコン並みの性能で、さらに持ち運ぶのも重量は2kgを超えていますが、そんなに気にならない程度です。

以前は12型のXシリーズだったのですが、今回は14型初挑戦でしたが、かなり使い勝手いいものと感じ、14型の利用幅の多さにドップリはまりました。

使えるパソコンで用途が何か定まっていない人や、ThinkPadいいけどどれがイイの??といった人はこのシリーズをオススメします。きっと満足出来ると思います。

 

ThinkPadLシリーズ 

 

キャンペーン価格 57.960円~

品名L412     14型

持ち運びも据え置きも大丈夫なマルチな使用が可能なので初心者にも上級者にも使い勝手のよいものです。

corei5−M搭載

2コア、4スレッドターボブースト搭載でストレスを感じさせずほとんどの作業が快適に行えます。

非光沢液晶

非光沢で周りの光が気にならず、干渉しないのでより長時間の使用を可能にしています。
 
この機種のクーポンはコチラ
ThinkPadLシリーズ
 

ThinkPadLシリーズ 

 

キャンペーン価格 57.960円~

品名L512     15.6型

据え置き前提ですが、コストパフォーマンスが高く人気の高い機種です。

corei5−M搭載

2コア、4スレッドターボブースト搭載でストレスを感じさせずほとんどの作業が快適に行えます。

非光沢液晶

非光沢で周りの光が気にならず、干渉しないのでより長時間の使用を可能にしています。
 
この機種のクーポンはコチラ
ThinkPadLシリーズ