本文へスキップ
トップページ < ThinkPadL420についての紹介。 
ThinkPadL420について

3月30日より発売を開始したThinkPadの新機種、ThinkPadL420ですが、どのようなセールスポイントがあるのか紹介したいと思います。

節電に大きく貢献するピークシフト機能の搭載

新たに搭載された省電力マネージャーの機能のピークシフト機能ではバッテリーから電力を駆動するのか、

ACアダプターの電力で駆動するのかを、スケジュールとしてせってできる優れ物です。
この設定で、電力の消費量が一番多いピーク時の時間帯を避けることが自動でできることが可能となっています。

新しいL420ってどんな仕様なの??

プロセッサー Corei7-2620M、Corei5-2520M、
Corei3-2310Mから選択可能
チップセット HM65 Express
グラフィック HDグラフィックス
メモリ 最大8GBのDDR3メモリー
OS Windows7 Professional (32bit) 正規版を搭載
HDD 最大500GBのハードディスク・ドライブを搭載可能
液晶 LEDバックライト付14.0型16:9ワイドHD TFT液晶 (1,366 x 768ドット、1,677万色、光沢なし)を採用
サイズ 14型、最薄部厚さ32.0mm
重量 重さ2.61kg(標準の6セルバッテリー搭載時)
外部メディア 54mm Express Cardスロット、4-in-1メディアカード・リーダーを搭載
インターフェース 4つのUSB2.0ポートを装備(USB2.0 x 3、eSATA/USBコンボ x1)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ・ドライブ搭載
持久力 6セルバッテリー搭載、最大約5.5時間のバッテリー駆動時間

Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows7

Lenovo Enhanced Experience 2.0 for WindowsR7はThinkPadのパフォーマンスをより向上するためのプログラムで、起動時間を大幅に短縮することに成功しています。

もともとLenovoはWindowsの最大のパフォーマンスを得るためにより相性が良く設計されています。そのプログラムはすでに搭載されていて、ThinkPadのパフォーマンスに大幅に貢献していますが、その次世代のプラグラムが、このLenovo Enhanced Experience 2.0 for WindowsR7となっています。

シリーズ最高の環境への配慮設計

今期のLシリーズはThinkPadの中で最高の設計となっています。EPA(米国環境保護庁)の推奨する省電力化プログラムであるENERGY STARRに適合し、また、より優れた環境属性を有する、EPAのEPEAT(Electronic Products Environmental Assessment Tool: 電子製品環境アセスメント・ツール)Goldに認定されています。

耐久性がさらに向上しました。

今期のLシリーズはより厳しい環境下での作業を可能とするため、非公開ながらこれまで以上に厳しい耐久テストが行われています。

コンセプトは様々な環境化の中でも、確実に動作をさせたい為という一心で作られています。

マグネシウム合金につつまれ、排水可能な排水穴の搭載、ハードディスクのアクティブプロティクションシステムの搭載など、
どのような状況下でも高いパフォーマンスを提供します。

ビジネス以外でもプライベートでも最適なノートパソコン

前モデルより、Lenovo Enhanced Experience 2.0 for WindowsR 7によって従来の30%も起動速度をあげ、

Intelの
最新プロセッサーシリーズの搭載により、グラフィックの描写を2倍の高速で描写を可能にしました。
動画や、画像、音楽などの作業を楽々快適に処理します。

Lシリーズの新機種 ThinkPad L420/L520

ThinkPad L420/L520

ThinkPad L420/L520

第2世代インテルR Core プロセッサー・ファミリー
Lenovo Enhanced Experience 2.0 for WindowsR 7を搭載することにより、
前モデルより最大30%起動をupし、グラフィックス性能も2倍に上げた高パフォーマンスモデルです。私の使用中の機種でもありますが、今期のモデルは私の好みですが、ヒンジ部分がシルバー色を採用している部分です。

これでないと最近のThinkPadという感じがしません(笑)。より満足度の高い機種となって新登場です。