本文へスキップ
トップページ < ThinkPad関連最新ニュース < レノボ・NECとの合弁会社設立での救援活動支援へのコメントを発表 
レノボ・NECとの合弁会社設立での救援活動支援へのコメントを発表 

【2011年3月22日】
レノボは今年の初期の1月27日に発表した。NECとの合弁会社設立の取り組みについてより一層全力で取り組むと
コメントをしました。

レノボCEOユアンチン・ヤンの救援・復旧活動支援へのコメントはコチラ

レノボは日本の救援活動、復興、再建を全面的に支援します。また、被災された方々、お客様、そしてパートナー様を支援することに注力いたします。同時に 日本における長期的視野に基づいたプレゼンスの確立、NECとの事業提携に全力で取り組んでまいります。レノボの、日本の将来、日本市場、日本におけるビ ジネスへの信頼は揺らぐことはありません」

Lenovoまた被災されたお客様への特別対応を行い、震災の被災者向けに100万USドルの救済基金と設立し、そのほかにもLenovo Hope Fundを立ち上げて、クループ全員からも募金を受け付けています。

被災された方への特別保守対応について

受付期間:

2011年3月14日(月曜日)〜6月30日まで(木曜日)として

対象商品として
厚生労働省からリリースされました「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震にかかる災害救助法の適用について(第11報)」にて災害救助法の適用 が決定された地域の中で東京都を除く適用地域(岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県、千葉県での災害救助法適用市町村)において、東北地方太 平洋沖地震により直接的な被害を受けた弊社製品(ThinkPad / ThinkCentre / ThinkVision / Lenovo3000 / ThinkStation / ThinkServer / IdeaPad /Lenovo C, G, H series / IdeaCentre / Essential Desktop)で、かつ、Lenovo保証規定による保証期間内または弊社保守サービス(ThinkPlus Service / Lenovo Care Maintenance / ThinkPlus Priorityサポート / IdeaPadアップグレードサービス)の有効期間内のもの。

特別保守対応の内容について
通常は自然災害による損傷はレノボの保証及び、保守サービスは対象外になりますが、今回の特別保守対応については
修理可能なものは全て修理し、その際の料金は全て無料で修理対応となります。

≪コチラまで連絡して下さい≫
(ThinkPad / ThinkCentre / ThinkVision / Lenovo3000 / ThinkStation / ThinkServer)
  IBMスマート・センター 0120-20-5550
(IdeaPad / Lenovo C, G, H series / IdeaCentre / Essential Desktop)
  Lenovoスマート・センター 0120-00-0817
オンサイト(出張修理)対象製品:
 H/W 障害テクニカルセンター 0120-34-0000 (0120-03-5555)

※その際に東北地方太平洋沖地震による被災であるコトを伝える必要があります。

最新ニュース一覧へ戻る