本文へスキップ
トップページ < カスタマイズの知識、、 < メモリとは、、
メモリとは、、
メモリはメインメモリやメモリーとも呼ばれ、CPUの処理速度に大きく貢献しているパーツの一つですが、特に重要な位置に属しています。

メモリの主な役割としてはCPUが人と例えられる場合、

メモリは作業机と例えられます。


人が作業机に物を置きちゃんとした環境で作業できるからこそ効率がよいわけであって

机に乗りきらない量の仕事量を乗せてしまうと作業効率は著しく低下します。


では実際のメモリの役割の例を説明します。

例、写真を編集したいときはどうメモリは働いている??

CPUはまず最初に保管庫、つまりHDDまたはSSDの大容量記憶媒体装置から写真を編集するソフトをメモリに書き込みます。

メモリに書き込まれたソフトをCPUが処理し、画面に描写します。そこで初めて処理が可能になるわけですが、

次に処理すべき画像データを取り出します。その時も画像データをメモリの書き込みようやくメモリ(作業机)の中で作業開始となります。

処理が終われば、処理済みのデータをHDD(SSD)に戻し、ソフトを終了します。

この様に一連の動作を動かす時は必ずメモリに記載してそれを処理しなければならないので極めて重要なパーツです。

現在一般的な使用で最低限の搭載メモリはどのくらい??

現在で一般的に使用で困らない程度といわれているメモリの量は2GBと言われています。

より快適に使用したければそれ以上の搭載をオススメします。ですが、4GB以上の搭載の場合はOSを64ビットをインストールする必要性があります。
OSとメモリの関係の詳細


メモリの種類とは、、

現在メモリはDDR3規格となっていてThinkPadは全てコチラが搭載されているので、特に選ぶ必要はないのですが、増設したい場合などは自分の手で増設することができます。

この赤線の部分が製品ナンバーになるので、

コチラ確実に同じものを購入しないと、

認識しなかったり、誤作動が起こったり、トラブルや故障の原因にもなるので注意が必要です。



上の画像はメモリの構成のカスタマイズ画面ですが、ThinkPadは基本的に2スロットのみ、W510のみ4スロットなので
メモリの
1枚当たりにつき容量の大きいものを搭載した方がより多く詰める為、総メモリ搭載数が同じ4GBでも使用スロット数により価格に大きく差がでてきます。

あとから追加したい場合は上の画像の赤線のPC3−8500もしくはPC3‐10600のほぼ2種類なので自分の購入したものと同じものを
選びましょう。

PC3-10600DDR3-1333SODIMMメモリは、
ビデオ、グラフィックス、CADプログラムのストリーミング、メモリを多用するアプリケーションの

パフォーマンスを向上するために1333MB/sec転送レートを提供しています。

現在主流になっている規格です。



ThinkPad用PC3-8500メモリー・オプションです。ThinkPadの全般的なパフォーマンス改善と複数プログラムの同時稼動に貢献します。

1066MB/sec転送レートを提供しています。現在は安く購入ができ、
R400、R500の、SL410、SL501、T400は、T400sの、T500、W500、W700の、W700dsは、X200の、X200s、X200 Tabletのと、X301のシステムと互換性があります。

PC3-10600はPC3-8500の上位互換なので厳密にいえば混ぜて使っても問題はありません。現在私管理人は実験の為入れ替えて使ってみたのですが、問題なく認識し、動作も正常でした。

ですが、絶対どれでも大丈夫といった保証はないので、せっかく購入するのだから同じものを買った方が確実です。

勝手にいじって保証が効かなくならない??

パーツをいじるのに自信が無い人や未経験者の人からすればメモリの増設でもやってみるのが怖いと思います。
そういった人向けにThinkPadのみこういった説明書が存在します。
ThinkPadのメモリの増設法マニュアル  ちなみにこういった自分でいじる為に説明書まで存在するメーカーは他にはまずいません。

ですが、万が一壊れたときに保証は効くのか不安と思います。なので事前にこの346ページからなる保守マニュアルを読み理解しないとなりません(笑)

ですが、よほどのことでもない限りメモリの増設は失敗することがないし、保証規定の違反する内容に私管理人が見た限りでは
ないので問題ありません。


前のページに戻る