本文へスキップ
トップページ < ThinkPad解体新書不定期コラム、、 <  ThinkPad Edgeの使いこなし第一段階、、
ThinkPad Edgeの使いこなし第一段階、、
ThinkPadを使い始めてもう7年目になっています。気が付けば早いもので、あっという間でした。現在は

昨年の11月にThinkPadL412に買い替え、3ヶ月目になります。

そこでふと思ったのですが、ThinkPadって毎回買い替えてもやはり数年の使用を経て買えるわけですから、いくら同じフルサイズのキーボードだからといって全く同じ環境を引き継ぐわけでは当然ながらありません。

そこで新しいThinkPadが自分に馴染んできたなと感じる一つの節目というのを自分の中で決めています。

私管理人の場合は、パームレスト部に手を置き、基本的にマウスを使わないのでずっと手を置いています。

そこで購入後大体いつも3ヶ月後に、

この画面のようにパームレスト部の塗装が段々薄くなってくきます。

毎回私管理人の場合はそうなのですが、

この薄くなってくる感じが目に見え始めたころからようやく第一段階に来たなと思っています。


これが2年くらいたつと顕著にわかるのですが、今はようやくL412が

体にしみてきたなと感じています。









これがカバンに本を同時に入れるとかなり早く外側の塗装がとれていくのですが、今回はやっていませんが、前回のXシリーズの時は、かなり露骨に塗装が取れていました。


私管理人はワイルドなノートパソコン(笑)が好きなので、気にも止めませんでしたが、ThinkPadの場合はなるべくカバンの中で他のものと隔離した方がいいと思います。

こうやって自分の体の一部になっていってくのが楽しいし、愛着の湧く行為と私管理人は感じています。