本文へスキップ
トップページ < ThinkPad不定期コラム < エナジースターとは 
エナジースターとは

エナジースターとは

ThinkPadでよく聞くエナジースター適合機種といった響きを聞きます。

さらに、最近の家電でもよくこのシールが貼られているものが多いかと思います。

ThinkPadも、その例外ではなく、大々的にカタログにも、
エナジースター適合機種として販売されていますが、これって一体なんでしょうか?

実はアメリカの環境保護局(EPA)が推進している

家電製品から産業機械やコンピュータなどに対し幅広く適応されている

電気機器の省電力化のプログラムを指します。

つまりエコな商品かそうでないかということです。

この機関のそもそもの目的は、省エネ目的の商品を提供することでアメリカのCO2排出量を減らす為に作られた機関です。

ThinkPadの場合は、スタンバイ時のエネルギー使用量は1.0W以下、スリープモード時は1.7W以下、

アイドル時に22.0w以下に指定されていて、

ThinkPadは現行モデルでは全てその条件を満たしています


一方デスクトップでは、非使用時に自動で、システム全体の消費電力を30w以下に押さえるように求められています。

この条件をクリアすることでエナジースターのロゴマークを付けることを認められます。

現在の市販されているパソコンのほとんどはエナジースター対応しており、起動時にエナジースターのロゴを表示するように作られているメーカーが多いです。

実はこのエナジースターの効力は大きく、2007年は1年間で、
2700万台の車から排出されるのと同じ分の温室効果ガスを防げたそうです。

環境だけでなく、節電にも役に立つので現在節電が求められている今だからこそ、よりありがたい存在であるのではと思います

ナビ他のコラム記事へ