本文へスキップ
トップページ < 14〜15型のThinkPadの一覧   
14〜15型のThinkPadの一覧  
このページは更新されています。

詳しくはコチラをご覧ください

14〜15型のThinkPadの一覧


コストパフォーマンスに堅牢性を揃えた高性能スタンダードノートです。
重量としては2.5Kg前後でおもに使用が机上となり据え置きが前提です。

同じ建屋内、2区間の行き来の多い、学生や会社勤めの人に向いています。


   ThinkPadSLシリーズ SL510      15.6型

15.6型で据え置きタイプです。
サイズが大きくてモバイルには不向きですが、大画面が大きく
見やすいのが特徴です。

Celeron搭載モデルで、低電圧、デュアルコアで
高パフォーマンスの使用が可能です。
メインパソコンとしては少しもの足りません。

排水穴内蔵で、万が一の時も内部に水分を
残さない設計になっています。


販売価格
 47.880円〜
 





    ThinkPadLシリーズ L512        15.6型 

15.6型で少し大きめですが、コストパフォーマンスは
ThinkPadの中でもかなり高く、

10万円以下のスタンダードノートはこのL512がオススメです。

  常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。

準2GB搭載で、2スロット搭載の為最大8GB搭載可能です。
(4GBを超える場合、OSを64ビットの選択が必須になります。)

最低価格
 57.960円〜
       






   ThinkPadEdgeシリーズ Edge15   15.6型

サイズが大きく据え置きが前提ですが、通常仕様としては
corei5搭載可能でメインパソコンとしての使用も十分可能です。

堅牢性も高いので、利用幅の広い使用が可能です。


通常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。

HDDショック・マウンテッド・ドライブ/HDDショック・アブソーバー内蔵でHDDを頑丈に保護します。
さらに加速度センサー内蔵で落下に対して自動でHDDのヘッドを非難させ、保護します。

最低価格
 67.830円〜
          






   ThinkPadTシリーズ  T510   15.6型

グラフィックチップを搭載し、よくありがちなバッテリー駆動の
問題ですが、

バッテリーに応じで手動や自動的に切り替えが可能なのでそういった高性能によるバッテリーの圧迫の問題をクリアしています。

重量は2.6Kgあるので据え置きとなりますが、解像度が最大フルHD(1920x1080)でさらに最大4つのサブディスプレイに出力可能なので、画質にこだわりる人や作業範囲を広げたい人も
十分に使用可能です。

  常電圧版corei7搭載で、選択すは2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。(コア数は4つではありません。)

NVIDIAOptimusを搭載し、CPUに負担をかけずに
高度なグラフィックを快適に表現可能です。

最低価格
 99.960円〜
          





   ThinkPadWシリーズ  W510   15.6型 

Tシリーズをより高性能にしたといった感じですが、
メモリを最大16GB搭載可能でCPUも
corei7エクストリーム・エディション搭載可能ですので、
現状で構成可能なノートパソコンの最高峰のノートパソコンです。

さらにUSB3.0を2つ搭載し、さらにBlu-rayドライブ(脱着式)を搭載しているので、次世代を見越した長期的な使用が可能です。

インテルCorei7 プロセッサー エクストリーム・エディション搭載で
4コア8スレッドで現状で最高峰の処理性能を体感できます。

Blu-rayドライブ搭載で、2層50GB書き込み可能で、
より長期的な使用が可能です。
さらに読み取りをテレビに出力できるので
レコーダーとしても使えます。

最低価格
 199.920円〜