本文へスキップ
トップページ  < 5万円以上10万円以下のThikPad一覧
5万円以上10万円以下のThikPad一覧
現在一番充実している価格帯です。
5万円程度のものを約10万円前後のカスタマイズでメインパソコン並みのスペックを搭載可能です。

種類も豊富で充実しています。
ほとんどこの価格帯で目当てのThinkPadが見つかると思います。

※カスタマイズなしの基本構成です。カスタマイズ次第では値段がこの価格帯を超えることもあります。
スタンダードノート
    ThinkPadLシリーズ L512        15.6型 

15.6型で少し大きめですが、コストパフォーマンスは
ThinkPadの中でもかなり高く、

10万円以下のスタンダードノートはこのL512がオススメです。

  常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。

準2GB搭載で、2スロット搭載の為最大8GB搭載可能です。
(4GBを超える場合、OSを64ビットの選択が必須になります。)

最低価格
 57.960円〜
         





   ThinkPadEdgeシリーズ Edge15   15.6型

サイズが大きく据え置きが前提ですが、通常仕様としては
corei5搭載可能でメインパソコンとしての使用も十分可能です。

堅牢性も高いので、利用幅の広い使用が可能です。


通常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。

HDDショック・マウンテッド・ドライブ/HDDショック・アブソーバー内蔵でHDDを頑丈に保護します。
さらに加速度センサー内蔵で落下に対して自動でHDDのヘッドを非難させ、保護します。

最低価格
 67.830円〜
         





   ThinkPadTシリーズ  T510   15.6型

グラフィックチップを搭載し、よくありがちなバッテリー駆動の
問題ですが、

バッテリーに応じで手動や自動的に切り替えが可能なのでそういった高性能によるバッテリーの圧迫の問題をクリアしています。

重量は2.6Kgあるので据え置きとなりますが、解像度が最大フルHD(1920x1080)でさらに最大4つのサブディスプレイに出力可能なので、画質にこだわりる人や作業範囲を広げたい人も
十分に使用可能です。

  常電圧版corei7搭載で、選択すは2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。(コア数は4つではありません。)

NVIDIAOptimusを搭載し、CPUに負担をかけずに
高度なグラフィックを快適に表現可能です。

最低価格
 99.960円〜
          





据え置き、モバイル量兼用可
    ThinkPadLシリーズ  L412   14型 

ThinkPad野郎が現在進行形で使用中です。
持ち運びも考え、14型にしたのですが、

据え置き、持ち運び両方兼用可能で、満足度はかなり高いです。
さらにこの堅牢性で10万円以内で収まるのがさらにうれしい
情報です。 
  常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。

価格で500GB 5400rpm搭載可能で通常の使用で容量に困ることはほぼありません。

最低価格
 57.960円〜
          






   ThinkPadTシリーズ  T410   14.1型 

グラフィックチップを搭載し、よくありがちなバッテリー駆動の
問題ですが、

バッテリーに応じで手動や自動的に切り替えが可能なのでそういった高性能によるバッテリーの圧迫の問題をクリアしています。

さらに重量が2.1Kgなので少し重たいですが、コンパクトで場所を選ばないので多用途による使用が可能です。

  常電圧版corei7搭載で、選択すは2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。(コア数は4つではありません。)

NVIDIAOptimusを搭載し、CPUに負担をかけずに
高度なグラフィックを快適に表現可能です。

最低価格
 99.960円〜
          





  ThinkPadEdgeシリーズ Edge14    14型 
14型ですが使用感は15型とそこまで変わりはありません。
据え置き、モバイル量兼用での使用も快適に行えます。

corei5搭載可能で、快適なパソコン環境をコンパクトサイズながら実感できます。


通常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。

HDDショック・マウンテッド・ドライブ/HDDショック・アブソーバー内蔵でHDDを頑丈に保護します。
さらに加速度センサー内蔵で落下に対して自動でHDDのヘッドを非難させ、保護します。

最低価格
 54.810円〜
        





モバイルノート
  ThinkPadXシリーズ  X100e   12.1型

Xシリーズで初めてのアイソレーションキーを搭載し、
さらにカラーバリエーションも3種類搭載なので

斬新な機種になっています。
サイズは11型で本当にコンパクトでネットブック並みのサイズですが、さすがThinkPadです。

このサイズでフルキーボードを搭載しているので使い勝手も最高です。

搭載可能CPUはAMD Athlon Neoと聞きなれない人も多いと思いますが、これはAMD版Atomといった感じで取ってもらえればと思います。

それでもベンチはAMD Athlon Neoの方が高いので、ネットブックより性能は若干高くなっています。
AMD Athlon Neo プロセッサ搭載で低電圧での処理のため、バッテリー駆動時間に大きく貢献しています。
カスタマイズでデュアルコアに変更できるので、
コチラは変更することを推奨します。

アイソレーションキーの採用でツメの長い人でも誤ったキーに押し間違えることも少ないらしく、使い勝手はいいみたいです。
ThinkPad野郎は男性ですが、使ってみると慣れれば使い勝手はいいといった印象でした。

最低価格
 54.810円〜
           







  ThinkPadXシリーズ  X201   12.1型

12.1型の小型で1.3Kgの軽量ボディでフルキーボードを当然ながら採用しているので、使い勝手も他の大型機種を同じです。
さらにバッテリー駆動は9セルバッテリーの場合13時間の使用が可能です。(実際の使用だと4時間弱程度)

モバイルするなら迷わずこの機種をオススメします。

通常電圧版corei7搭載可能で現時点での最高峰のパフォーマンスを小型ながら実現します。

 SSD搭載モデルで高速起動や高速でデータの読み書きが可能で一度使うとHDD環境にもどれなくなるほど快適です

最低価格
 99.960円〜
          






  ThinkPadEdgeシリーズ Edge11    11.6型 

Edgeシリーズの一番小型タイプで、超低電圧CPU搭載で長時間のバッテリー駆動が可能になったモデルです。

解像度も1366x768と高めですが、長時間の使用は目の疲れを感じそうです。

モバイルに特化しているので、サブノートで突発的な使用や、
外での使用が多い人にはオススメです。
※このタイプには光学ドライブの搭載はありません。

超低電圧2コア4スレッドで消費電力を抑えての
処理が可能です。あまり重い処理には向きませんが
書類作成程度の処理なら十分に可能です。

HDDショック・マウンテッド・ドライブ/HDDショック・アブソーバー内蔵でHDDを頑丈に保護します。
さらに加速度センサー内蔵で落下に対して自動でHDDのヘッドを非難させ、保護します。

最低価格
 59.850円〜
         





  ThinkPadEdgeシリーズ Edge13    13.3型 

13.3型で小型で軽量で持ち運びに便利なタイプです。

堅牢性が高く、頑丈なので衝撃や雨などに強く持ち運びに
適している為、Edgeシリーズでは一番持ち運びとしては
オススメです。
※このタイプには光学ドライブの搭載はありません。

AMD製デュアルCPU搭載で、超低電圧ながら
安価で高パフォーマンスを可能にしています。

HDDショック・マウンテッド・ドライブ/HDDショック・アブソーバー内蔵でHDDを頑丈に保護します。
さらに加速度センサー内蔵で落下に対して自動でHDDのヘッドを非難させ、保護します。

最低価格
 54,810円〜