本文へスキップ
トップページ < メモリーとは、、 
メモリーとは、
メモリーとは、パソコンでいう作業机のようなものです。

といっても想像に難いかと思いますので、説明していきたいと思います。
メモリは情報を記憶する装置ですが、HDDよりも圧倒的に早い高速処理が可能な部分です。

なので、CPUが考える部分とすると、HDDは棚、メモリは作業机となる考えとなるわけです。

ここで思うのが、ならHDDを使わずにメモリにすればいいじゃないかと思いますが、
メモリは弱点として、電気の通電が無くなれば、データが消えてしまいます。

それと違いHDDは通電が無くとも磁性体の帯びたディスクにより長期的な保存が可能となっていますし、
かなり予算も割安となっているため、やはり大容量の記憶領域は別に必要となってくるわけです。

また作業机が狭いと当然作業も遅くなりますよね。
メモリもおなじことが言えて、これは広ければ広いほど快適な作業が可能になります。
つまり容量が大きいほどいいと言えます。

このメモリがもし足りない場合はどうするかというと、まず机に置ききれなくなったモノはいったん棚にしまいます。
その後に、その作業の番になればまたモノを取りに行って作業となるので、莫大な時間がかかりってしまいます。

これをメモリ不足といいます。

基本的にThinkPadは2スロットなので、2枚構成となっています。
ですので、購入時の最初のカスタマイズ時点で4GB 以上のメモリを搭載しておけば比較的メモリ不足になりにくいですね。