本文へスキップ
トップページ < アーカイブ
サイズの選び方とは??

サイズはノートパソコンでは重要性が高く使用用途の選択肢選びの基準となります。
例えば、16インチ以上はホームノート、
15.6インチ前後ではスタンダードノートなど、性能によっても別れますが、
使用用途が代わってきます。

用途としては家で据え置きで使用の場合は大型でも構いませんが、持ち出しが多かったり、メモ帳のごとく頻繁に取り出して使いたいなどの使用用途の場合は、小型の方がいいといったことになるのですが、どの用途でどの程度のサイズが便利かわりと分かりにくいと思うので簡単にまとめてみました。

 16型以上

  • 使用が家庭内などの固定場所一か所のみ
  • 動画の編集などの重い作業がメインで使用する場合
14〜16型まで
  • 重い作業を頻繁に行う
  • 家庭〜職場など2区間を車やバス、電車などを使い毎日持ち運びがある場合
  • 実際の使用で3時間程度のバッテリー駆動がほしい場合
10型〜14型まで
  • 重い作業をあまりしない
  • ほぼ毎日持ち運びの機会がある
  • 持ち運び区間の距離が300m以上ある
  • 思いついた時に取り出したい
  • 狭い机上の作業が多い
  • サブパソコンとして使いたい
  • バッテリーをきにせず使いたい
9型以下
  • 重い作業をしない
  • メインパソコンとして使わない
  • ネットやメール程度しか使用しない
  • ポケットやハンドバッグに収納したい

これはおおまかに分けていますが、こんな用途でわかれていると把握してもらえればと思います。

サイズはこのように最初の購入時のイメージをした方が、ノートパソコン選び楽です。

 その他の注意点


これは実際の使用感を書き込みたいと思います。PC部長は一応一通りのサイズを使ったのでその感想をぶっちゃけたいと思います。
割と辛口で書いていますが、主に実際に感じた不満をメインに書きたいと思います。

16型〜
ホームノート
デスクトップの液晶は17インチ〜がメインでそう考えれば小型で、いいのかなと感じましたが、
ホームノートの圧迫感はデスクトップを超えていますし、
机上の配置ではデスクトップよりもむしろ場所をとります。机上で配置すると圧迫感がすごく、キーボードのスペースがすごくムダのように感じます。

そして性能自体は高いのですが、拡張性が無い分価値の下がり方が早いです。
今までの傾向では3年以上たてば、価値が8分の1程度に落ちます。
現在はこれといって需要がないのかなと感じますが、接続が見易い分、年配の人が使いやすい見たいです。PC部長の祖母や、年配の人にすすめたのが比較的に高い満足度を得られました。
これからバリバリ使って行きたいと考えている人には特にメリットを感じられないですね。

14〜16型〜
スタンダードノート
一番無難なタイプで人気が高いサイズです。種類も豊富で使いやすいもので、PC部長もオススメします。しかし、重量2.0Kg以上あるので例えば通勤や通学などで使用する場所が2か所で毎日ある場合においては交通機関(車、電車、バス)で手で持つ合計距離が300mを超えた場合は結構しんどいです。

PC部長は出張族なので、頻繁に移動します。その時にどの程度の距離で一息入れたくなるのだろうと重い万歩計とGPSを付け実験してみたら497歩でした。その時のノートパソコンの重量はカバンを入れ約3.0Kgです。
一歩が約60センチとしても約300mでした。これは個人差がありますが、大体この程度の距離が毎日あると結構しんどいと感じました。おまけにこのクラスのノートパソコンは専用のバッグが必要なので、ほとんどのケースが手提げかばんといった選択肢なので、余計重量を感じます。
持ち運びで歩行が多い人は要注意です。

10型〜14型
このサイズは持ち運びに強く、素早く出しやすいサイズな上、軽量です。
しかし高性能を求めるとかなり高額になります。ホームノートと変わらない性能で20万円クラスなのですが、上記のような利便性の優れます。

このタイプはノートパソコンの需要が現在は一番高く、自由度がかなり上がっています。
難点はやはり解像度が上がってもやはり画面が小さいので3時間以上の使用はしんどいです。
PC部長は大体目の疲れを感じる2〜3時間程度の作業で15分程度の休憩をいれないとかなり疲れを感じます。逆にホームノートクラスだと、ぶっ続けで24時間の作業が可能だったりします。
PC部長の見解ですが、14型くらいから境界線があり、目の疲れをやたら感じるようになります。
これは個人差があり一概に言いにくいのですが、注意点の一つです。
その他ではメインノートでもサブノートでも使えるPC部長は一番のオススメサイズです。
ただし、ネットブックは省きますが(笑)

10型以下
ぱっと出してメモ!ぱっと出してネット!という人はオススメのサイズですが、PC部長的には
3台同時にパソコンを持つならいるかな?といった程度です。

これはやはり性能不足なのでそういった用途しか必要性を感じないからです。
そういった点ではPC部長はiphoneを使っていますが、スマートフォンでも十分穴埋めをするコトができるかなと思います。
どちらにしても所持するのならこの性能で何ができるかしっかり把握している人以外は、満足度は極めて低いので注意です。


 当サイトのこれだけは知っておいてほしいと強く思うページを紹介

私、ThinkPad野郎自身ThinkPadを使ってはや6年経ちます・・・断言できるのは今後もThinkPadを使うということなのですが、ThinkPad購入にあたってこれだけは本当に不満があります。
この不満をぶっちゃけたいと思います

ThinkPad解体新書のコラムナビ一体キャンペーンはいつ始まっていつ終わるのか??いつが一番安く買えるのか??




 ThikPadの評判・レビューを紹介

ThinkPadは知名度こそ高いですが、意外とパソコンをそこまで使わない一般ユーザー以外の人はまだまだ浸透していません。

当サイトもThinkPad野郎が可能な限り伝えているつもりですが、
ネット上で公開されている掲示板などではどのように評価を受けているかという評判や評価、レビューの感想を
集めてみました。気になる人はご覧ください。


ThinkPad解体新書のコラムナビThinkPadの評判・レビュー・評価を紹介