本文へスキップ
トップページ < カスタマイズの方法、、 
ThinkPad bPのモバイルマシン
このページの情報をコチラにて更新しています。

詳しくはThinkPadXシリーズを徹底解析!!をご覧ください。



   外部的性能の特徴     カスタマイズによっては搭載されない場合もあります。
  耐水キーボード内蔵で、万が一キーボードに液体をこぼしても液体を底面の排水穴から排出する設計となっています。 トラックポイント内蔵で、使い勝手になれると普段の使用に欠かせない存在になります 
  フルキーボード搭載で、初めての人は抜群の使い勝手を体感し、
慣れた人は何一つかわらない環境で使用できます。
指紋センサー内蔵可能で面倒なパスワード入力を省き、
頑丈なセキュリティーを指先一つで設定可能です。
一度使うともう手放せなくなる機能です。

   内部的な性能の特徴 カスタマイズによっては搭載されない場合もあります。
  低電圧CPUcorei3-UM搭載で消費電力を抑え、
並列処理をこなすことが可能で、バッテリー駆動時間に貢献しています。
  常電圧版corei5搭載で、2コア4スレッド、
ターボブースト搭載で快適なパソコン環境でストレスを感じません。
超低電圧版corei7搭載ですが、ターボブーストにより、最大2GHzまで引き上げることが可能で、高パフォーマンスを可能にしています。 AMD Athlon Neo プロセッサ搭載で低電圧での処理のため、バッテリー駆動時間に大きく貢献しています。
  SSD搭載モデルで高速起動や高速でデータの読み書きが可能で一度使うとHDD環境にもどれなくなるほど
快適です。
Home Premium 32 正規版と
Windows 7 Professional 32 正規版のどちらも選択可能で、
64ビットも選択可能です。

  ThinkPad野郎の見解
X201 X201sの紹介








X100eの紹介
ThinkPadのモバイルノートはこのXシリーズが定番です。

さまざまな用途でカスタマイズ可能で、超低電圧CPUの搭載したり、さらには通常電圧の最新最上位の
corei7(搭載可能なのは2コア)も搭載することが可能で

さらにSSD搭載可能で、爆速マシンのカスタマイズも可能で、さらにはこの堅牢性、使い勝手良さといいとこどりが可能で、

Google検索でも特に注目されている機種です。
ただし構成には割とコストがかかるので本当に必要な性能かをじっくり考えての購入をオススメします。

本当に大事に長年連れ添う仲間といった感じを望まれるならこれがオススメです!
(ThinkPadX301ですが、Xシリーズの使用経験があるので自信を持ってオススメできます。)



このX100eは少しXシリーズの中でも異色を放っています。まずカラーバリエーションが3種類あり、
ホワイト、レッド、ブラックがあり、デザイン性を重視している傾向があり、

キーをアイソレーションキーを採用しています。
使用してみたところ慣れれば問題はありませんが、

ThinkPadしか使う気のないThinkPad野郎からすれば
当然ノーマルのフルキーボードをずっと使うので
あまり他のキーボードに慣れを置きたくないといった感じですが、

ツメの長い女性にはアイソレーションキーの方が使いやすいと統計が出ているので、検討してみるのもいいかもしれません。

傾向的にアイソレーションキーを採用したThinPadは
発売され続けるので今からこちらに慣れておくのも一つの手かもしれません。

  シリーズの注意点

全シリーズ共通ですが、まず英語キーボードが搭載可能ですが、余計なひらがながなくすっきりとした見栄えですが、エンターキーが小さい仕様になります。

ThinkPad野郎はエンターが大きくないといやなので、やむなくこの仕様としています。
後から個人的に交換が可能ですが、最初から好みのキーボードにされることをオススメします。

  ThinkPadXシリーズ  X201   12.1型


  ThinkPadXシリーズ  X201s   12.1型


  ThinkPadXシリーズ  X100e   12.1型

Xシリーズで初めてのアイソレーションキーを搭載し、
さらにカラーバリエーションも3種類搭載なので

斬新な機種になっています。
サイズは11型で本当にコンパクトでネットブック並みのサイズですが、さすがThinkPadです。

このサイズでフルキーボードを搭載しているので使い勝手も最高です。

搭載可能CPUはAMD Athlon Neoと聞きなれない人も多いと思いますが、これはAMD版Atomといった感じで取ってもらえればと思います。

それでもベンチはAMD Athlon Neoの方が高いので、ネットブックより性能は若干高くなっています。
AMD Athlon Neo プロセッサ搭載で低電圧での処理のため、バッテリー駆動時間に大きく貢献しています。
カスタマイズでデュアルコアに変更できるので、
コチラは変更することを推奨します。

アイソレーションキーの採用でツメの長い人でも誤ったキーに押し間違えることも少ないらしく、使い勝手はいいみたいです。
ThinkPad野郎は男性ですが、使ってみると慣れれば使い勝手はいいといった印象でした。

最低価格
 54.810円〜