本文へスキップ
トップページ < 各シリーズの紹介 < Wシリーズとは 
ThinkPad Wシリーズとは、、

外部的な性能の紹介

耐水性キーボード

バスタブ構造と排水穴でキーボードにコーヒーなどがこぼれても排水し、内部に液体を残しません。

トラックポイント

キーボード上でマウス操作が可能で、操作がさらに快適になります。

フルサイズ・キーボード

19mmサイズのキーピッチで手に最も使いやすいサイズで、とても使用感は抜群にいいです。

指紋認証

あらかじめ登録すれば様々なパスワード入力を
指先一つで解除できます。

内部的な性能の紹介

corei7エクストリームエディション

4コア8スレッドターボブースト、メモリコントローラ搭載で現状で最高峰の処理性能です。

USB3.0搭載

物理的にUSB2.0の10倍の速度でデータ転送が可能で今後主流になる規格です。

非光沢液晶

非光沢で周りの光が気にならず、干渉しないのでより長時間の使用を可能にしています。

DDR3メモリ―搭載

最新メモリ規格で、CPUに大きく貢献し、さらに
マルチタスクも快適に行います。

HDD

独自保護設計で衝撃に強く、自動で磁気ヘッドを非難させ、大事なデータを守ります。

Home Premium 32 正規版

professional 32も選択可能です。さらにどちらも
64ビットが選択可能で、より快適な環境が体感できます。

SSD

高速データ転送でHDDより圧倒的に高速ですさらにHDDより発熱を低下し、駆動時間に貢献します

NVIDIA NVS 3100M Optimus

高速にグラフィックを処理し、CPUに負担をかけません。

Blu-ray ドライブ搭載

次世代メディアの搭載により、最大50GBのデータをディスク1枚に保管できます。

パームレスト・デジタイザー&ペン

パームレストが作業エリアになり、場所を選ばず幅広い作業が可能です。ペンの収納スペースも本体に内蔵で無くす心配がありません。

ワタシ管理人の見解、、

Wシリーズはとにかくパフォーマンスを重視しているので据え置きが前提となります。
処理性能は現状のノートパソコンが組める最高峰の能力を搭載可能ですが、予算が相当高いのがネックです。

私の周りでは、建築系のソフトでCADを使っていますが、家でも職場でも同じ環境で作業が出来るからといった理由で購入をしています。明確な理由がないのならデスクトップの購入の方がかなり安くつくので、よく考えて購入した方がいいと思います。


 

ThinkPadWシリーズ 

 

キャンペーン価格 199.920円~

ThinkPadwシリーズの情報ThinkPadwシリーズの情報

品名ThinkPad W510 15.6型

グラフィックも楽々処理可能で、サイズも手ごろなので、
長期的な使用を考えている人はオススメです。
大人数の使うメインパソコンといった位置づけもいいと思います。

corei7エクストリームエディション

4コア8スレッドターボブーストメモリコントローラ搭載で現状で最高峰の処理性能です

NVIDIA Quadro FX 880M (1GB), AMT

高速にグラフィックを処理し、CPUに負担をかけません。




ThinkPadEdgeシリーズこの機種のクーポンはコチラ


クーポンの使い方
 

ThinkPadWシリーズ 

 

キャンペーン価格 279.930円~

ThinkPadwシリーズの情報ThinkPadwシリーズの情報

品名ThinkPad W701 17型

グラフィックも楽々処理可能で、サイズも手ごろなので、
長期的な使用を考えている人はオススメです。
大人数の使うメインパソコンといった位置づけもいいと思います。

corei7エクストリームエディション

4コア8スレッドターボブーストメモリコントローラ搭載で現状で最高峰の処理性能です

パームレスト・デジタイザー&ペン

パームレストが作業エリアになり、場所を選ばず幅広い作業が可能です。ペンの収納スペースも本体に内蔵で無くす心配がありません。




ThinkPadEdgeシリーズこの機種のクーポンはコチラ


クーポンの使い方