本文へスキップ
 トップページ < ThinkPadの保証体制 < 保証タイプの種類 
保証タイプを紹介、、
保証は延長したけど、どっからどこまで保証してくれるの??といった人のページです。

どんなタイプがあるの??

これは3種類あり、通常保証(メーカー保証の期間延長)の他に、事故や火災、水没、盗難に対して保証してくれる拡張保証に

海外で故障した場合に日本へ引き取り修理を行う海外保守(Jサポート)が存在します。

通常保証とは??

これは通常の保証で、自然故障のみの対応となります。例えば突然DVDドライブが回転しなくなったり、メモリが破損したりなどハードウェアの保証となります。

また修理時はThinkPadはLenovoの中でも、別格なので引き取り修理となり、電話一本で対応してくれます。もちろん送料はかかりません。


拡張保証とは??

これは自然故障のみではなく、自分自身の不注意による事故だったり、火災や水没、盗難まで保証してくれるかなり頼もしい保証です。

これは外に持ち歩くのが多い人などに適切な保証と思います。
学生や営業の外回りが多い人などは、頼れる保証と思います。ちなみに私は外での使用は多いですが、ThinkPadは基本的に通常の1年保証しか使っていません。
これは6年間で3台使いましたが、保証を使ったためしがないからです。

私の中ではThinkPadは壊れないので拡張保証に回す予算はないです(笑)
※壊れないと断言するものではないです。

この保証の注意点ですが、修理一回に対して金額が10万円を超えた場合は10万円を超えた差額分ほど請求がきます。
さらに全損の場合は同機種の新品に交換ですが、その際に購入金額に関係なく5万円ほどかかります。
このケースでの交換されたパソコンについては追加保証はつけることができません。

なお盗難においては警察署発行の被害届の受理番号取得が前提となります。

海外保守  Jサポートとは、、

これは海外に行くコトが多い人は必見ですが、海外において通常使用による自然故障、

落下、衝撃、水没などによる偶発的な故障において海外の滞在先から、日本へ直接修理依頼ができるといったものです。

つまり日本にいるのと同じように海外でも電話一本で引き取り修理が行えます。
この際に代替機はありません。さらに日本への配送料や、通関費用は請求されません。
ただしLenovoの定める地域であることが前提なので、この地域を外れる場所(禁輸国、テロ支援国家など)はJサポート適応外地域なので、サポートはできません。

さらに修理金額が10万円を超える場合は運送料を含め10万円を超える差額分のみ購入者の負担になります。